池袋 タイ古式マッサージ | マッサージの特徴と効果

池袋のタイ古式マッサージ

マッサージの特徴と効果

質問1)どんな特徴があるの?
答え1)タイ古式マッサージは、掌、拇、拳だけではなく、肘、膝、足なども使い、お客の背中に直接乗って体重を掛けた施術法もあります。
さらにタイ古式マッサージの最大の特徴ともいえるストレッチがあり関節や筋肉をほぐします。
世界各国にマッサージなるものが存在しますが、このタイ古式マッサージの技法の多さには叶わないといわれます。
実は、本家タイ国に「ワットポー式」と「チェンマイ式」があり、総じて「チェンマイ式」はストレッチのバリエーションが多いことで知られます。
血行とリンパの流れを良くすることで体調を根本から改善しようとする「ワットポー式」と、筋肉疲労の改善を重要視する「チェンマイ式」ですが、施術者によってそのやり方も様々です。
一般的には2時間の「ワットポー式」で、気のきいた施術者はお客の状態に応じていろいろ独自の手法を交えてくれるたりもしますが、ほとんどの場合バンコクのワットポーで教えられた手順通りに行なわれます。
ちなみに正式なタイ語は「ヌァットボーラーン」といい、欧米では100年ほど以前から親しまれていますが、英訳することが難しかったためか、マッサージ、ボディワーク、カイロプラティックなどと称される場合もあります。
また、現代では西洋医学の代替医療としてタイ古式マッサージやをはじめとした東洋医学を採用する医師も増えているようです。


質問2)タイ古式マッサージにどんな効果があるの?
答え2)東洋医学そのものが現代医学で解明されてないところが多いので、タイ古式マッサージの効果としてではなく、血流とリンパの流れが良くなり、関節や筋肉がほぐれると体調はどうなりますか?
と問い直した方が適切かも知れません。 血流とリンパの流れが改善されるとそれらの機能が活発化し、本来あるべき体調が維持されるということに他なりません。
ゆえに、自覚症状のない箇所も良くなる場合があります。

血液の役割 体内中をめぐり、各部に酸素と栄養分を運搬します。
リンパ液の役割 体内中をめぐり、体内の老廃物を回収し、途中のリンパ節でろ過します。
※血管とリンパ管の決定的な違いは、血管は心臓のポンプの力が働くのに対し、リンパ管はポンプの力がなく流れにくいことです。